結婚相手の男性に求める条件。知らず高くなっていませんか?

結婚の条件

「婚活」は「条件」をつい優先してしまいます

婚活をしていると、よく陥ってしまうのが「相手に求める物が非常に高くなる」こと。

それもそのはず。恋愛結婚だと、「好き」という気持ちがあるから相手に多少微妙な所があっても目をつぶってしまうんです。

婚活だと最初は「好き」という感情がない上、最初に年収などの「条件」が表示されます。そして婚活市場は女性より男性が多く、若い女性は非常にモテます。

自分がモテると勘違いして、より良い条件の人を探そうとした結果…

結局なかなか相手が見つからず、気が付けば年も重ね、声をかけられることが少なくなる。そんなことが多くあります。

 

声をかけられるうちは選んでもいい。だけど、とりあえず「会ってみる」のもいい。

上にも書きましたが、20代の間は婚活パーティでも多くの人に声をかけられ、「自分はモテる」と錯覚しがちです。
そして、「モテるから」「自分にはもっとふさわしい人がいるはず」と少しでも自分に合わない人は簡単に切り捨てていってしまうことがあります。これは非常に勿体ない!!

私がおすすめするのは自分の条件にばっちり合わない…という人とも「とりあえず会ってみる」こと。意外と一緒に過ごしてみるといい人で、自分の条件と多少合わなくても「この人となら」と思えるかもしれません。

「友達の友達との出会い」ということもあるので、人脈を広げておくのもいいことだと思います。

 

年を重ねるごとに、相手に求める条件は緩くしていかなくてはいけない

30代になると、声をかけられる回数が格段に減ります。

婚活パーティでもカップリングになる回数が減り、同じ条件だと年齢が下の人に負けてしまうことも増えます。

婚活パーティだと「条件」を優先してしまうのは男性も同じ。男性にとって「子供が欲しい」ということが結婚の目的なら、相手は若いにこしたことはありませんからね。

どんなに童顔で若く見えても、体は確実に年をとっています。婚活パーティだと変なごまかしも出来ません。

ごまかしていると印象が悪いです。向こうが好きになってくれて、「そんなの気にしない」と言ってくれる人ならいいかもしれませんが、誠実な人なら「嘘をつく人は信用できない」と離れて行ってしまう可能性もあります。
相手の気持ちになって考えて、「この条件の男性は、自分と釣り合うのか」考えてみるのはとても大事です。

条件の優先順位を作っておく

年収>学歴>見た目

など、自分の中での優先順位と「絶対に譲れないもの」「絶対に無理な人」だけは考えておきます。それに当てはまらない人以外とは積極的に会ってみましょう。

年収

年収「1,000万以上」などと考えていませんか?

30代前半の男性の年収で平均450万円ほど。

年収1,000万以上の男性をつかむには、女性にそれ以上の美貌・若さなどが求められます。

自分の希望の年収をもう一度見直してみてくださいね。

見た目

どうしても生理的に耐えられない見た目の人は除外していいと思いますが、それ以外の人を見た目で判断するのは勿体ないと思います。

多少好みじゃなくても、一緒に過ごしているうちに可愛く見えてきたりします。

譲ってはいけない条件

ギャンブル、借金、女関係(浮気など)は結婚しても止められないと言われます。それが許せない人はそういう人はどれだけ他に相手がいなくても最初から避けておいた方が無難です。

 

まとめ

自分のことはよく見ずに、人に求める条件はつい高くなってしまうもの。

もう一度今の自分と、相手に求める条件をしっかり見直してみてくださいね。

結婚には、妥協も必要です。

 

コメント